FAX : 03-6434-9868

​OPEN : 月-土   8:15 - 20:00

                   水       9:30 - 19:00

        日       9:00 - 17:00

CLOSE : 祝日,第5日曜日,GW,夏季休業,年末年始

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
​Copyright (C) 2016-2019 Confeed inc. All Right Reserved.

フリースタイルリブレの効果的な使い方

~価格以上の価値を得るための7つのヒント~

こんにちは!
コチラでは、リブレを効果的に使うためのヒントをご紹介しています。
すでにご購入いただいた方も、購入を迷っている方も、
ぜひ、ご一読くださいね。何か気づくことがあるかも。
以前、すでにリブレをご使用いただいている方から、こんなことを伺いました。
「リブレは手軽に血糖値の推移が見られるので便利!でも、血糖値の上がったり下がったりは本に書いてある通りだし、結局これをつかってどうしたらいいの?」
これを読んでいるあなたも、そんなお悩みありませんか?
まずはこれからご紹介する7つのヒントをもとに使ってみましょう。

・食事の前に測定、そのまま、食べるものと一緒に写真を1枚。

・・・写真を撮ることで食事メモは不要となり、食事時間も残り、記録管理がカンタン。振り返りも写真を見ながらできるので、思い出しもカンタン。食べた量もしっかり記録できますね。

 「何をどれくらい食べたら、血糖値がどれくらい上がるのか」 リブレを使って必ず知っていただきたい事の1つです。同じ量のご飯を食べても、血糖値が急上昇する人もいれば、ゆっくりあがる人もいます。メロンパンやおせんべいなどでも同様です。血糖値の上がり方は人によって千差万別。みんな違うのです。年齢や筋肉量によっても影響を受けます。必ず、自分のパターンを知ってください。それによって、糖質や食品との付き合い方が分かり、自分に最適な摂取方法が分かってきます。

 

・「血糖値を上げない」といわれているモノや方法を試す。

・・・食物繊維入りのトクホの食品(カロリミットやからだすこやか茶)を試してみたり、「べジファースト、カーボラスト」の食べ方などを試してみたり、どのくらい自分に効果があるのか試してみましょう。定食屋にいって、同じ定食を食べても、食べ方によって差が出ることもあります。食後すぐの運動も食後血糖値の改善に効果があるとも言われています。

 

・好きなものをいつものように食べてみる、飲んでみる。

・・・好きなものをいつものように食べてみて、どのくらい血糖値が上がるのかみてみましょう。朝の果物や食後のデザート、おやつのケーキなど。思ったほど上がらなければ、今後もあまり気にせず食べてもいいのかもしれません。しかし、血糖値の急上昇急降下(血糖値スパイク)が見られたら、別の方法を考えたり、代わりのものを探したり、付き合い方を考える必要があります。最近では、低糖質スイーツもあります。ぜひ探してみてください。

 

・リブレの開始前後などで体重、体脂肪率を測定する。

・・・血糖値が上がらない食事をしていると、インスリンの分泌が少なくなり、太りにくくなると考えられます。「血糖値を上げなければ痩せます!」とは断言しませんが、長期的に実践していけば、余分な脂肪は落ちていく可能性があります。ダイエット目的でしようする方は特に、注目すべきは体脂肪であり、体重ではありません。体重にだけ注目していると、水分が落ちたのか、筋肉が落ちたのか、それとも脂肪が落ちたのかわかりません。脂肪だけが落ちるダイエットを目指すと、リバウンドしにくくなります。

 

・体調の変化を記録する。

・・・不安やイライラ、慢性的な疲れ、頭痛、食後の眠気など、糖質の摂りすぎや血糖値スパイクによって引き起こされるといわれる症状があります。ご自身の体調変化を一緒に記録していくと、自分の体調と血糖値がどの程度関係していたのかわかります。なお、風邪をひいていたり、発熱しているときなどは脱水などによりリブレの値は高くなるようです。

 

・アスコルビン酸(ビタミンC)、サリチル酸による影響をなくす。

・・・アスコルビン酸により偽高値、サリチル酸により偽低値を示す可能性があります(添付文書より)。ビタミン剤などのサプリメントを常用している方はそこからの影響もあるので、一時的にやめてみたりして、どの程度影響を受けているのか確認してください。空腹時にサプリメントを服用すると、その影響があるのかわかりやすいと思います。

最後に・・・

リブレ使い方のヒントはいかがでしたでしょうか?少しは参考になりましたでしょうか。

あまり安い買い物でもありませんので、少しでも値段に見合った価値を得られるようにと想い、こちらを作成しております。

見慣れない単語も多く、難しく感じた方もいらっしゃるかもしれません。

「自分にはうまくできそうにないなぁ」

「難しいから誰かに教えてもらいたいなぁ」と思ったら、詳しい医師や薬剤師など専門家にご相談ください。

 
まずはいろいろ試してみること!
そこからいろいろなことがわかりましたよね?
 
食パンはあがりやすいなー、とか
しょっぱいせんべいでも結構あがるんだなーとか、
ビールも結構あがるなーとか。
そのわかったことから、これから自分の食生活をどのように変えていくのか?
ここがポイントです。
これについてはまた後日ご紹介しますね。
残りの人生で一番早いときは今日、今です。
少しずつでも変えていきましょう。
かならず未来につながります。

*上記の一切に関して、個人の使用経験に基づく内容であり、効果等を保証するものではありません。また、使用後に生じるいかなる結果に対しても責任は負いません。予めご了承ください。